2016年11月11日

押し目買い、戻り売りを利用してのトレード

パラボリックを使った、トレンドに合わせたストップロスの設定方法から、押し目・戻りでのストップロス設定方法。

シンプルで直ぐにでも利用できると思いますので、是非活用して下さい。

★パラボリックも参考にしての、押し目買い、戻り売りでのストップロス設定方法です。

20150710 USDJPY 15分足2
20150710 USDJPY 15分足2

画像をご覧下さい。


レ点の所にストップロスを設定するわけですが、画像は昨日と同じように私がエントリーした実際のチャートです。

あえて解りやすくするためにレ点を打っておきました。

トレンドが出て、トレンドの確認ができたら、前回の安値(押し目)にストップを設定します。(ロングの場合)

※注意点として、あまりにも広いストップロスの設定(押し目からエントリーポイント)の場合には、エントリーを控えるようにします。

私の目安は、
15分足:〜50pips
1時間足:〜100pips
4時間足:〜300pips

と考えています、参考にしてみて下さい。

また、ロットもストップの位置によっては調整するようにして下さい。

エントリーポイントとストップロスが広すぎるとリスクが高くなります。

トレンドが思惑通りに動いている事を確認して、ストップロスの設定位置を移動します。

移動は押し目から押し目です。

決算は、ストップロスにかかって利確です。

以上、ストップロスに関してレビューしましたが、如何でしたか、何分リアルでのFXはリスクがありますので少しでも少ないリスクで行うように心がけましょう。

理想は 利大損小 です。


posted by matsuken at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FXを学び稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。