2010年01月01日

ダウ理論とは!

こんにちは、マツケンです!

今日は、「ダウ理論」に関して考えてみましょう!

投資をかじったことがある人なら、
一度は耳にしたことがあると思いますが、
実際のところ、なんのことだか分からない人って、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

このダウ理論の ”ダウ”という言葉、元々何から来ているかご存知ですか?

「ダウ」とは、人の名前なんです,チャールズ・ダウ氏。

過去にもニュートンが発見した、
ニュートン力学や電池を発明したアレッサンドロ・ボルタからボルトという
単位が生まれたように新しく構築された発明や発見に第一人者の名前が付くことって多いんです。

「ダウ理論」もそのひとつ。

チャールズ・ダウ氏は19世紀にアメリカで活躍した金融ジャーナリストで、彼によって構築されたチャート分析方法の名前が”ダウ理論”というわけですね。

では、
具体的にどういった理論なんでしょうか?

ダウ氏は相場を予測するためには、
6つの法則”があると掲げました。

その中でも最重要視されているのが、
トレンド転換に関する理論になります。

トレンドは明確なシグナルが発生するまで基本的には継続するものだとされています。

では、その明確なシグナルとは何で判断すれば良いのでしょうか?

それは、
直近の高値もしくは安値です。

たとえば、
ふと海を見ただけでは、
今が満ち潮なのか引き潮なのかは分からないですよね?でも、
しばらく観察しているとその境目が見えてきます。

トレンドの流れも、これと同じなんです(^^)

しばらく観察した上で、
今までの高値または安値を継続的に上回ったり下回ったりする状態が続けば上昇トレンド、
もしくは下落トレンドであると判断出来る、というわけですね。


以上、
クロスリテイリング株式会社
 個人投資家に役立つ最新の投資情報をお届けするメルマガ
参照》コンテンツ・ディレクション部の上村氏
ラベル:ダウ理論
posted by matsuken at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理者マツケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック