2008年02月21日

中国ギョーザ 新たな毒物検出!

こんばんは、マツケンです。

今日も引き続き 毒入り中国ギョーザ”・・・


 本当に何時になったら安心して食べれるようになるのか?
私も好きですが、ギョーザの好きな方は多いと思います。

・・・が、いかんせん思うように食べられません!

何時になったら解決するのか! 出来るのか?

また新たに ”毒” が検出されました。

 生協(みやぎ)で販売予定だった(実際は昨年10月に販売)の
中国・河北省の天洋食品が製造した「CO・OP手作り餃子」の袋から
有機リン系殺虫剤「パラチオン」と「パラチオンメタル」が検出された。

この二種は ”猛毒” だと言う話しです。

怖いですね! 

被害者はいないようですが、真剣に我々消費者で目を養う必要がありますね。

でも どうやって・・・???

何処で? どの情報が? 

今は、中国製品を食べない? これしかないんでしょううかね!

今の情報が、後手後手で伝わってきている。

この辺りも何とかならないんでしょうか?

イージス艦と漁船の衝突事故も伝達不足ですね、
馬鹿としか言いようのない監視です、体制です。

嘘! ゴマカシ! ダンマリ! 黙認! 伝達不足!・・・一般社会、
いや、会社ではありえない事でしょう。

常識的に会社でも、組織でも 「ほうれんそう」はありますからね。


以前よく比率の話しをしたのですが、10割の人間のタイプは

・1〜2割がリーダー
・6割がどっちつかず
・1〜2割が否定、反対派、無関心派 

最近のニュースを見ていると どうしてだかこの事を思い出してしまいます。





posted by matsuken at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。